マイカーローンの選び方

マイカーローンは、その名の通り自家用車を購入するための目的別ローンのことです。

銀行や信用金庫、消費者事業者金融、信販会社などでも様々な商品を用意しています。

目的別ローンは、使い道が限定されないフリーローンに比べて金利が安く設定されていますが、その分、審査基準は高いものになっています。

マイカーローンを組む場合、「自動車販売店で組む」「銀行で借りる」「消費者金融などノンバンクのフリーローン」が考えられます。

自動車販売店で組むマイカーローンは信販会社系のものがほとんどです。

自社系列の信販会社を利用する場合と他社と提携している場合がありますが、ローン金利は販売店が独自で設定しています。

独自の設定ですので、思い切り安い金利設定をしている販売店もあります。

しかし、この場合、安くした金利分を車両価格に上乗せしていることもありますから、他のローンと比較するときは、金利だけをみるのではなく、ローンの支払総額に目を向けなくてはいけません。

銀行系のマイカーローンは、金利も低めに設定されていて、販売店には現金で払いますから販売店で用意する信販系のローン利息よりも安く購入することができますし、現金払いによる値引きやサービスを期待できるかもしれません。

しかし、銀行系のローンはマイカーローンに限らず審査基準が厳しいものになっています。

返済能力や担保が審査されます。

消費者金融などノンバンクのフリーローンは審査基準が低く、マイカーローンと違って、使用目的が自由ですから車両本体以外の装備に使用することも可能です。

借り入れ間口の広い分だけ利息はやや高めの設定になっています。

それでも車両本体価格がそれほど高価でない場合は自動車販売店でローンを組むよりも低い年利になる可能性もあります。

マイカーローンは、本体価格だけではなく、税金や手数料などすべてを入れ込んだ支払総額と、自分の返済能力、審査基準を考慮してじっくりと検討しましょう。