洗濯乾燥機のお手入れの方法について紹介します。参考にしてください。 『浄化フィルター』 風呂水ホースの先端部の浄化フィルターについては、週に1度程度、内部の清掃を行います。 内部のフィルターは、再利用できます。 しかし、痛んでいたら交換してくださいね。 ゴミが詰まったままですと、水道水に自動で切り替わる事があります。注意しましょう。 『ドアパッキン』 糸くずなどがドアパッキン部に溜まると、水漏れの原因になります。 ですから、毎回お手入れをしましょうね。 洗濯前にも異物がないかについても確認してくださいね。

『ドラムのカビ予防』 カビを予防するコースが搭載されている機種については、取扱説明書に従ってください。 ※月に1度程度行ってください。 『サビ付いたら』 スポンジか柔らかい布にクリームクレンザーを付けます。それでサビを拭き取ります。 ヘアピン、赤サビが混ざった水など錆びやすいものを混入したりだとか、水を長時間入れたままにしたりしますよね。『風呂水給水口』 『風呂水給水ホース』 月に1度程度、洗浄剤を風呂水ホースに入れて清掃しましょう。 『洗剤投入ケース』 洗剤などがケース内に残っていたりだとか、汚れが付いていたりしたら清掃しましょう。 『排水フィルター』 乾燥を行ったら、毎回排水フィルターの清掃を行います。

運転中にお手入れしたりだとか、排水フィルターをはずした状態で運転したりしますと水漏れの原因になります。お手入れ後はしっかりと閉めておくことです。 『排水口』 糸くずなどが排水口に詰まった場合、排水できなくなる恐れがありますよね。 『洗濯乾燥機本体』 汚れや糸くず、水滴が付くと、柔らかい布に水かぬるま湯を湿らせます。『乾燥フィルター』

関連ページ